« さわやかウォーキング in 三河塩津 | トップページ | 自転車の旅(後半) »

2018/06/17

自転車の旅(前半)

昨日はだいぶ歩いたので疲れていたのですが、今日は梅雨の合間の晴れだったのでまた出かけることにしました。

足のトレーニングもかねて、自転車で出かけようと思いましたが、東に行くか、西に行くか。
いつも西に行くので、今日は豊橋を通り越して静岡まで行ってみようと思います。

ちきちきこいでいくと今日は風が強くてなかなか進みません。
豊橋市街地に入ったころにはずいぶんと疲れてしまいました。
1号線は詰まらないので途中から旧東海道に入ります。

二川には本陣資料館があったので、ちょっと立ち寄ることにしました。
ここは東海道33番目の宿場町で、本陣が現存する貴重な場所です。
資料館は2階建てで、昔の宿場町を再現した展示があります。
ふうが日本史を選択していて、たまに参勤交代とか話をするので興味深いですね。

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)


隣には本陣と旅籠が再現されています。
意外と狭いなという印象ですが、昔は大勢の人で賑わっていたんでしょうね。
大名の部屋は一段高くなっていて立派です。

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)

そこから西へ数百m行くと、商家「駒屋」があります。
ここは昔の問屋を営んでいた家で、宿場町の運営に欠かせなかったようです。
今日はマルシェというイベントが開催されていて、工作や演奏、露店が出ていました。
もう終わりかけだったので人は少な目でした。

自転車の旅(前半)

自転車の旅(前半)


この地域はこうした町起こしが盛んですね。
次は開催中に来たいと思います。


さて、二川を後にして後半に続く。

|

« さわやかウォーキング in 三河塩津 | トップページ | 自転車の旅(後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さわやかウォーキング in 三河塩津 | トップページ | 自転車の旅(後半) »