« 福島入り | トップページ | 遠征マラソン(中編) »

2007/08/28

遠征マラソン(前編)

昨日、埼玉へ戻って参りました。
いやー、福島って埼玉からだと思ったより近いですね。
距離にして約300キロ、時間にして4時間強。

今日は数回に分けて遠征の様子をアップしたいと思います。


<8月25日>

今回参加する”伊達ももの里マラソン大会”は8月26日に開催されました。
僕らは大会前日の25日に福島入りしました。

大会開催地である福島県伊達市は福島県でも北部、宮城県に近い位置にあります。
果物の栽培が盛んでいちご、もも、メロン、ぶどう、りんごなど様々栽培しているようです。
今回の宿泊地は”飯坂温泉”
伊達市とは東北自動車道を挟み西側にあります。
直線距離は約10キロ足らず。
のんびり温泉で鋭気を養おうという考えです。

到着後の様子です。

Ap1030664


くつろいでますねー。
翌日に走るような気配はまったくなしです。

僕らが宿泊したのは”ほりえや旅館”
飯坂温泉駅からも歩いて5分程度といい場所にあります。
旅館の隣には”鯖湖湯”という芭蕉も入ったという歴史ある共同浴場があります。

Ap1030669


旅館は昔ながらの木造で、決してきれいではありませんが、女将さんの気配りがよく行き届いていて安心できる旅館です。
女将さんは僕らと年も近そうで、とてもきれいな人でびっくりしました。
逆に近い世代だから気が付きやすいのかな。


鯖湖湯の逆隣には足湯があります。

Ap1030672


ネーミングがいいですよね。
足湯はとっても気持ちいいです。


25日には飯坂温泉郷で祭りが開催されていました。
女将さんの薦めでちょこっと行って来ました。

Ap1030674


飯坂音頭(?)に合わせて会場を練り歩いていました。
フィナーレには花火も上がりなかなか楽しい祭りでした。

ここでも足湯コーナーがありました。
さすが温泉街。

Ap1030675


Ap1030676


ちなみにここらへんの泉質は単純温泉で透明感のある湯ですが、けっこう熱めです。
子供たちが入るにはちと熱い。
足湯でもかずくんは、

「あちち!」


と言って、足を入れたり出したりしてました。
のんびりくつろげる温泉地でした。

次回は「マラソン大会」です。

|

« 福島入り | トップページ | 遠征マラソン(中編) »

コメント

「鯖湖湯」と「あーしあわせの湯」私も4月に入って来ましたよ。
目的は福島交通というローカル線で滞在時間わずか1時間でしたが。
強烈に熱かったのは覚えています。

投稿: shino | 2007/08/30 23:03

shinoさんも行っていたんですね!
なかなか情緒のある街でよかったですよ。

確かに風呂は熱すぎです。
最初に入るのに勇気がいります。
熱湯コマーシャルを思い出します(笑)

投稿: らっし→shinoさんへ | 2007/09/02 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島入り | トップページ | 遠征マラソン(中編) »