« しばらく・・・ | トップページ | 久しぶり »

2006/10/28

ゆとりって・・・

今日は1週間の疲れが溜まっていたのか、起きたのは10時過ぎでした。
あー、よく寝たー。
とは言っても、昨日も22時過ぎまで仕事をして、帰ってからご飯を食べて寝たのは2時ごろ。
いや、疲れました。


今日は真面目な話を。
ここ最近高校での履修単位不足が問題になっています。
受験勉強のために削ったとか、他に類似した科目があるからとかいろいろと言い訳があるようですが、教育っていったい何なのでしょうか?

僕は”受験のために勉強をする”という考えには反対です
受験はあくまでひとつの関所であるだけで、勉強はもともとその人の人格を形成すためにあるるものではないかと思います。
だから科目も一般的な内容から、専門科目まで多岐に渡ると考えます。
理系だから国語や日本史、世界史を軽視していいのでしょうか?
文系だから数学や科学を軽視していいのでしょうか?

いろんな考えはあるでしょうが、僕は”NO”だと考えます。


日本の歴史を知らない科学者なんていては困るし、数字に弱い語学者も幅が狭すぎます。
ぜんぶができる必要はないでしょうが、最低限は必要ですよね。

生徒たちは迷惑でしょうが、ぜひ頑張って学習してほしいものです。


原因はなんだろうか?
と、ふと考えました。
ひとつは文部科学省の進める”ゆとり教育”ではないかと考えます。
以前もたっくんが小学校に入学した時に、学習時間の短さに不安を覚えました。
そんな時間の制約が学校側の偏った考えを生んだのかも知れません。

また、社会の流れも良くないでしょうね。
学歴社会になり、高学歴を目指すあまり受験のために勉強する。
冒頭にも書いたように本末転倒ですよね。

そして、それを助長する親もいます。
まあ、これは我が家も例外ではないですから反省しないといけません。
勉強に限らず、学校生活などに干渉しすぎる親が多いのではないでしょうか?
これも学校にプレッシャーをかけてますよね。


ちょこっと話が逸れますが、先日たっくんがたまたま学校で友達と遊んでいて転倒。
鼻の横を怪我して帰ってきました。
本人いわく、普通に遊んでいてこけてしまったようです。
保健室の先生から手紙が来たり、担任の先生が電話してきたりとずいぶんと気を使ってくれます。
が、僕はもし友達と喧嘩して怪我したとしても、口は出さないつもりです。
よっぽど学校に責任があるなら別ですが、多少のことは子供たちやクラスで解決してもらいたいと考えます。
いちいち気を使っていたら先生も疲れちゃいますよ。
それに子供自体に対処能力が芽生えません。

先生には思い切って教鞭を振るってもらいたいと思います。
だから僕は多少の体罰(ビンタ、ゲンコツ)もありと考えます。


最終的には学校にも責任はあるのでしょうね。


”ゆとり教育”。
呼び名はいいように聞こえますが、教育現場を混乱させる内容ですね。
子供は土日も遊べると喜ぶでしょうが、土日に働く親も多いハズ。
その時に預ける保育園や児童クラブも不足しています。
あまり環境がそろってはいないように感じます。

行政のもっと深い対応を願います。

|

« しばらく・・・ | トップページ | 久しぶり »

コメント

ゆとりって、何?って感じです。本人のやるやらないは別として、ある程度の制約や規律が社会に出てからの環境に対応できる人間に育て上げるんだと思います。
結果、自己中心的な犯罪が増え社会的概念をもてない若者が横行する世の中になってしまいました。
社会に適応できる人間形成の場としての教育が1番重要ですよね。

投稿: はーさん | 2006/10/29 01:04

私もらっしさんの意見に賛成です。
ゆとり教育の名のもとに、人格を形成するための基礎知識を学ぶ機会を減らしてしまっているような気がします。
また、学校も生徒側にあまりにも気を使いすぎる風潮がありますよね。
学校をサービス産業と間違えている教師・親があまりに多いのにも閉口します。
だから、優秀な生徒を集めて「学校の実績を作るために」受験勉強に特化したりするんですよね、まるで予備校じゃないですか。
我々のころはまだ、先生はもっと偉くて(表現が間違ってたらごめんなさい)悪いことをすれば、ビンタの1,2発は当たり前でしたし、親も学校に講義するどころか、「先生に怒られれるとは何事か!」と逆に怒られたものですが・・・
本当のゆとり教育とは何なんでしょうね。

投稿: shino | 2006/10/29 19:43

がんがんです。今日は飲み会の話ではなくて・・・・???
ゆとり教育も何かおかしいとは思いますが
最近新聞見ていると次のような事が書かれていました。

①給食費を払わない親がいる為に、やむなく献立から1品減らす学校が ある
②家庭での躾が出来ていない為に、学校での集団活動ができない
 (授業放棄)
③生徒が先生のいじめにより自殺した場合は先生は免職(東京都)

どう思います?
①、②は明らかに親が悪いのに、
その親のコメントは”学校が勝手にやっている”
”うちの子はそんな事はない”だそうです。
これらから考えると”子供同士のけんか”が”親同士のけんか”になり
行き着く先は”学校の対応が悪い→マスコミ”という図式が成り立ち、
学校(教師は)自分の立場を守るために非常に敏感になっているそうです。
今の学校(教師)は”昔はこうだった”とかという考えでは今の親には対応できないそうです。

究極は③ですね。
はっきり言って、子供が下記アドレス参照の言葉を言われて
”自殺してやるー”なんて言えば、学校(教師)はもう生徒に何も逆らえませんね。
自分も昔は普通に言われていた事があるのに・・

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/public_opinion_poll/?1162113500

投稿: がんがん | 2006/10/29 22:20

そうですね。
社会は”ルール”に基づいて動くということを知ってほしいですね。
そしてルールは守らねばならないと。

小さいころの教育は特に重要だと思います。
小学生は小さいから、といって甘やかすことは許されません。
ルール違反がいつも”許される”と感じる環境は人間をダメにします。
(言い過ぎかな)


あれ?
僕もいつも許されてる側だなぁ・・・

投稿: らっし→はーさんへ | 2006/10/30 23:52

コメントありがとうございます。
いやー、久々に真面目ネタだったので恐縮です。

ほんとに今の学校は時間が不足しています。
教科の統廃合だけでは足りません。

学校の予備校化・・・分かる気がします。
学校は勉強だけでなく、”組織”を意識づける場でもあります。
その機能が失われつつあるのではないかと心配してます。

ゆとり教育、考えさせられることばかりです。

投稿: らっし→shinoさんへ | 2006/10/30 23:57

確かに最近は飲んで数行の記事が目立つような・・・
いやいや、ほんとは真面目くんなのですよ!

興味深い記事ありがとうございます。

給食費、払えない時は免除や補助もあるようですが、払わないというのはどうなんでしょ?
食い逃げと一緒ですよね?
どんな状況であったとしても払うのが親の義務と思います。

家庭での躾・・・我が家も自信はないですが、子供をかばうということはありません。
悪いことは悪い、いい事はいいと区別をつけてあげればいいのではないでしょうか?
学級崩壊なんて言葉も怖いですね。

最後のコメントは難しいですね。
これってセクハラとかの問題とも通じますね。
それは”言われる側(受ける側)が感じる尺度で良し悪しが決まる”からです。
以前なら言われても問題にならなかったということは、お互いに意思疎通ができていた証拠だと思います。
今はシステム的な教育があるだけで、感情が入ってこないためちょっとした言葉で溝が生じているのでしょう。


何かあったら吊るし上げられる教師、すでにただの作業者であるサラリーマンと化してますね。
(言葉に語弊があるかも知れませんが、聖職という地位にない現状を表すために用いました)
人が悪いのか、社会が悪いのか。
僕は社会の流れがそうさせている気がします。

投稿: らっし→がんがんさんへ | 2006/10/31 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83992/12465277

この記事へのトラックバック一覧です: ゆとりって・・・:

« しばらく・・・ | トップページ | 久しぶり »