« 今日もお疲れ | トップページ | 箱根旅行記(後編) »

2006/05/02

箱根旅行記(前編)

今日は昼前にすごい雨と雷。
びっくりしました。


29日、30日と箱根へ旅行に行ってきました。
僕と奥様の「8回目」の結婚記念旅行です。
毎年、お出かけしたり、食事したりとしてますが、とうとう家族も5人に増え、旅行も楽ではなくなってきました。
今日もまだ、旅の疲れが腰のあたりに・・・

旅行って疲れますね。


でも、楽しかった家族旅行。
名所もご案内しながら、ご紹介したいと思います。
2日分を一挙公開なので、ちょっと長いですが最後まで見てください。


それでは、始まり始まりー。


29日は朝早くから起きてせっせか準備。
家を7時半に出て、電車に乗ります。
旅といえばやっぱり電車でしょう。
電車に乗りながら缶ビールを飲む・・・最高ですよね。
しかし、今回は僕の体調が優れないためノーアルコールの旅となりました。
行きはおやつを食べて、楽しくお話。


本厚木よりロマンスカーに乗って、箱根湯本に到着です。


Ap1000926


本厚木から所要時間約40分。
長いようで短い距離です。

そして、すぐ隣の箱根登山電車に乗り換えです。


Ap1000928


ところで、ちょっとうんちくですが、実はロマンスカーを運営する小田急線は小田原までです。
小田原から箱根湯本までは箱根登山鉄道が運営してます。
つまり、小田急線が小田原より登山鉄道に乗り入れるわけですが、これに秘密があります。
普通、乗り入れは鉄道のレール幅が一緒でないと乗り入れはできません。
小田急線と登山鉄道のレール幅はちょっとですが、小田急のほうが広くなってます。
(間違ってたらゴメンナサイ!もしかしたら逆かも)
そのため、小田急線の電車が乗り入れられるように、もう1本のレールがひいてあります。
なので、小田原から箱根湯本までは3本のレールがひかれています。
知ってましたか?

こちらの登山電車は箱根の急勾配を登るために、スイッチバックをします。
電車ファンなら普通は見れない、珍しい光景が楽しいです。


Ap1000931


Ap1000932


スイッチバックをするときには、運転士と車掌が入れ替わります。
登山鉄道は2両編成なので短いのですが、2人とも急いで入れ替わります。
大変だね。

そして、終点強羅駅に到着。
ここから歩いて10分くらいのところにある強羅公園に向かいます。


Ap1000937


この強羅公園、花などがたくさん咲いていてとてもきれいな公園です。
しかし・・・斜面に作られているので、階段が非常に多い公園です。
ベビーカーは・・・ちょっと辛いですね。


Ap1000943


きれいな花とかずくんです。
かわいい・・・けど、かずくんは男の子です。


強羅公園には茶室もあり、お茶を飲んだりすることもできるそうです。
僕らは公園内にあるクラフトハウスで工芸体験をしました。

体験できるのは、吹きガラス、サンドブラスト、陶芸、ドライフラワーです。
今回、僕らはサンドブラストに挑戦です。
グラスに絵を転写して、その部分を削り取る手法です。


Ap1000948


絵をトレッシングペーパーに写していきます。
これはまだ楽です。


Ap1000950


次にその絵をグラスに移し、貼られたテープを切り抜きます。
これがかなり時間がかかります。
小さな子供ではちょっと難しいかも。
たっくんも奥様にやってもらったんだけど、あまりに長いのでゲームボーイで遊んでます(笑)

グラスに絵が彫れたらテープをはがします。


Ap1000954


ふーちゃん、慎重にね。
で、出来上がりはこちら!


Ap1000966


世界にひとつだけのマイグラスです。
大変だけど、楽しかったね。


今回のお宿は”四季倶楽部 強羅彩香”です。

Ap1000969


宿泊費は1泊朝食つきでなんと5250円!
通年いつもこの値段なので驚きです。
僕らはこれに夕食の創作懐石3150円をつけました。

このホテルでは子供の添い寝が可です。
その際には施設使用料として525円しかかかりません。
うちはふーちゃんと、かずくんは添い寝扱いにしたので、かなりお安く済みました。


お部屋こんな感じ。


Ap1000967


Ap1000968


庭も広くてきれいです。
1階に宿泊した人は外へ出られます。

従業員の方々の雰囲気もとても良くて、また利用したいと思います。
でも、土日祝日はかなりの激戦。
今回も予約するのに苦労したからなぁ


ご飯を食べたあとは卓球をして遊びました。
30分500円です。
世界卓球、愛ちゃんすごいですね。
僕も卓球なら少しは教えられるなぁ。
3人のうち誰かを鍛えようか。

1日目はこんな感じで終了。
なかなか充実した初日でした。
ちょっと失敗したのが、お金を下ろし忘れてたこと。
旅に出るのに準備が悪かった。
箱根の上の方へ上ると郵便局しかないのでご注意。
しかも土日祝日はやってない!

僕らはどうしたかって?
宮城野までタクシーで下りてコンビニでお金を下ろしました。
高い手数料になってしまった・・・


あとは長くなるので後編へ続く。

|

« 今日もお疲れ | トップページ | 箱根旅行記(後編) »

コメント

5250円…

びっくりです。

なかなかいいですね。

投稿: いのじ | 2006/05/04 08:57

この四季倶楽部というホテルはどこでも”5250円”です。
予約競争に勝てば楽しくて、リーズナブルな旅行ができます。
ただ箱根がメインで関東以外にはなさそうです。

これは箱根へ来るしかないですね(笑)

投稿: らっし→いのじさんへ | 2006/05/05 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83992/9864256

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根旅行記(前編):

« 今日もお疲れ | トップページ | 箱根旅行記(後編) »