« 新年会 | トップページ | 自転車後編 »

2006/01/13

駅伝監督交代&自転車

僕がブログを書かない日は、

①奥様に監視されている
②疲れていてすでに寝てしまった
③飲んでいた

この3つが原因のほとんど。
毎日、書いていくというのもなかなか大変だなぁ、と感じてます。


まずは昨日投稿しなかった理由から。


昨日は再来週の日曜日に行われる駅伝大会の監督者会議があって、それに参加。
主催となる市役所に集合して大会注意事項の確認などを行ってきた。

僕は会社のチームで出場するんだけど、いつも7位とか8位という惜しい成績で終わっている。
6位から入賞で表彰されるので、今は6位内を狙って頑張っているところ。

毎年、1月に行われるこの駅伝。
僕が今の会社に入社し、今の工場に配属されて以来、毎年参加している。
今年は記念すべき10回目。
ということは、僕も入社10年という節目の年となる。

いやー、早いもので最初はいやいや参加していた駅伝大会だけど、いつの間にか僕が監督しているんだからびっくり。

練習不足で散々な成績だったときもあれば、風邪をおして走って、そのあと原因不明の頭痛に襲われたりといろいろあった。
ここ近年は選手にも恵まれて、7位~8位をキープしている。

僕の中では節目となる今年、ぜひ入賞したいと思ってます。

もうひとつ節目としたいのが”監督”。
監督といっても部活動とかの監督みたいにしているわけではなく、チーム登録とか、メンバーの配置、サポートしてくれる人の手配、反省会の準備と、お世話役のこと。
この10年間、いろいろとあったけど、僕もそろそろ次の世代へバトンタッチしていかないといけない。

それで、今回の監督者会議には僕の大学の後輩を連れて行った。
彼も毎年駅伝に参加してくれていて、なおかつエース級の走りをしてくれる。
来年からは彼にお願いしようというわけ。

会議のあとは、「これからよろしく」という意味も込めて、一緒に酒を飲んできた。

駅伝のことはもちろんだけど、仕事のこと、家庭のことなど話して盛り上がった。
仕事も次から次へとバトンタッチが必要だよね、という話題になった。
そうなんだよね。
僕は仕事も次へとバトンタッチしていかないといけない。

ほんと、悩みの種はなくならないなぁ。


そんな熱い話をしてたら、4時間を同じ店で過ごし、ビールを二人で16杯飲んできた。
なかなか充実した時間だった。
また明日からの仕事に変化をつけられそう。


と、昨日はそんな具合だったので、ブログ投稿はなし。
飲んでるとできないのは仕方なし。

今日は休みだったんだけど、昨日の話が気になって午前中から走りに行ってきた。
走る足取りもなんだかいつもと違うよね。
かなり気合が入ってきた感じです。

それから会社にちょっと寄って(走ったついでに)、昨年末に会社の先輩から娘へともらった自転車を引き取りに行った。
車は奥様が使っているので、電車に乗せて帰ろうとしたんだけど、これが今日の失敗。

いや、そういえば電車に自転車は乗せられないんですね(笑)。
子供用だと小さいからいいかなと思ったんだけど甘かった。
乗るときには駅の人は何も言わなかったんだが、電車に乗って次の駅に着いたときに車掌さんが走ってきて、


車掌「すいません。自転車を持って乗ることはできないんですよ」

僕「えっ!そうなの?」

車掌「すいませんが、ここで降りてください」

僕「は?まじっすか?ここで降りんの?」


と、自転車と一緒に電車から降ろされた僕。
仕方なく駅舎へ行って事情を説明したら、若い駅員が、


「そうですね。自転車を持ってのることはできないので、ここから出てください」


えー?なんやそれ?
外へ出てそこから僕はどうしたらいいの?
歩いて帰れと?
家までまだ10kmはあるんだよ?

知らずに乗ってしまったとはいえ、かなりまずい状態になってしまった。

駅員が言うには、折りたたみ自転車で専用のケースに入っていればいいというので、何か袋をくれって頼んでみたけどそれもダメ。
何らかの他の手段を使ってください、だって。
電車使えなくて他に何使えっての?


と、いろいろとやりとりをしているうちに若い駅員の態度がすごいぶっきらぼうに感じられてきて、僕もヒートアップ。


僕「乗ってくるとこの駅員は何も言わなかったぞ。乗せといてここで出ろって言われても困る」

駅員「自転車を持っては乗れません」


こんなやり取りをしてたら、副駅長さんが出てきて、

「ほんとはダメなんですが、仕方がないので次の電車に乗ってください」
「専用カバーの代わりとして、袋をかけていきましょう」


自転車に大きなビニール袋をかけることで何とか乗ることができ、無事目的地へ帰ることができました。
若造と副駅長の対応の差はでかいね。


でも、なんか精神的に疲れた。
何とか駅の外へ出されまいと頑張ったかいはあったみたいだけど、向こうから見れば、わがままな乗客だね。
まあ、結果オーライさ。

奥様が帰ってきてからこのことを話したら、

「それって(自転車を電車に乗せること)いいの?」

って、まず言われた。
あ、やっぱダメなんだ。
どっかのニュースで電車に自転車と乗れるなんて言ってたのがあって、多少は許されるのかなと、小さければいいかなと思ったけど、世の中のルールは甘くなかった。
ということでした。


|

« 新年会 | トップページ | 自転車後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83992/8144921

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝監督交代&自転車:

« 新年会 | トップページ | 自転車後編 »