« 夜勤明け&続・カラオケ | トップページ | 蔓延の予感・・・ »

2005/12/20

父親手帳

いやー、本日はおとといの急な夜勤勤務の代わりにお・や・す・み。
ほんとは早番(6時出勤じゃー)だったんだけど、見かねた主任が代わってくれた。
ありがとうございます。

今日1日ゆっくり遊ばせてもらいます!


いやいや、今日もゆっくりは遊べない。
朝から子供たちの送り出しと、掃除、洗濯、布団干し、靴洗い、ふろ洗い、食器洗いと家事が山盛りなのだ。
今はやっとみんなやっつけてコーヒータイムであります。

この後は、たっくんが給食なしのため早く終わるのでお迎えに行きお昼を食べる。
そして、ふーちゃんのお迎え。
おやつを食べたら、ふーちゃんのピアノ教室。
そしてかずくんお迎えと、せっかくの休日は休日ではないのだ。

まあ、これもひとつの幸せの形なんだろうか・・・
ちょっと疲れる幸せだな。

今日はちょっと真面目な話。

19日付けの朝日新聞の生活面に”父子手帳”なるものが紹介されていた。
「おやっ?」と、思い読んでみたら、なかなかいろんな取り組みがあるんだなーと感じた。

一般的に出産の際には”母子手帳”が市役所から手渡される。
これをもらうと、「あー、赤ちゃんが生まれてくるんだなー」と、実感できる大した代物だ。
そのときにたくさんの出産に関わる資料や手引きなどをくれる。
だけど、だいたいがお母さん向けだ。
父親に向けたメッセージはなくはないが、本当の父親向けというものはない。

だからこの記事を読んだときに、「いい取り組みだな」と感心した。


父親は出産に関わることが少なく、産前のこと、出産のこと、産後のことなど知らないことが多いのではなかろうか。
僕は奥様が看護師ということもあり、また保育士を目指している関係で知識としては持ち合わせているので、普通のお父さん方よりは理解をしているつもり。
この”父子手帳”が多くの父親の手助けになるといいなーと思う。

だいたい、出産時に立会いをしている父親はほとんどいない。(と思う)
会社の同僚や先輩、後輩に聞いても、たいていは外で待っていた(大きな病院だと仕方ないけど)、連絡がくるのを待っていた、悪いのは飲んでいたなど様々。
僕はふーちゃんの予想外の出産以外(検査に入ったら、奥様は我慢できずに生んでしまった。先生も間に合わず・・・)、たっくんとかずくんの出生に立ち会っている。
この話をすると、「すげーなー」って感心される。

でも、感心はするだけで立ち会う人はいないんだろうなー、とも感じる。


母親の側にもいろんなタイプがいる。

僕のやってきた”立会い出産”が嫌な人もいた。
女性として生理的に嫌悪感のある部分だから仕方がない。

あとよく聞くのは、「期待してないから」。

父親としてこの言葉は辛いでしょ?
せめて母親にこんな思いをさせることのないよう”父子手帳”が役立つといいなー、とつくづく思う。


最後になりますが、ひとつ言っておきたいのは”お互いに無理しないこと”が大切です。
我が家は”家族いつも一緒”が大前提なので、育児や家事も平等な意識があるけど、もともとない人には育児や家事は辛い。
無理してやって、ギクシャクしてイライラするよりは、お互いが理解しあってやってくほうがいいと思う。
必ずしも育児と家事をする父親が”いい父親”ではないですからね。
母親からみると”望まれる父親”なんでしょうが、望まれてもできない人もありです。


と、そろそろたっくんを迎えに行かねば。
全国のお父さん!
”できることからこつこつと”で頑張りましょう。

|

« 夜勤明け&続・カラオケ | トップページ | 蔓延の予感・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83992/7711717

この記事へのトラックバック一覧です: 父親手帳:

« 夜勤明け&続・カラオケ | トップページ | 蔓延の予感・・・ »